ロシア雑貨にあこがれて。

マトリョーシカを追いかけて2008年5月にモスクワへ行ったそうこの記録。初めてのロシアHOWTOブログ。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | - |
<< ロシア旅行1日目。5月13日。その3。 | main | ロシア旅行日記5月14日。2日目。 >>

ロシアホテル事情

なんか、さっそく私たちの泊まった「イズマイロボ・ヴェガ」で検索かけていらっしゃる方がいたりして。(なんせ、ロシア情報少ないからー。笑)
こんな、辺境ブログからでも、何か情報を得て下されば、幸いですが。

えー、ロシアのホテル、安くはないです。
まだまだ旅行のための国ではないのか、そういうどっちかと言うと高級路線で売っていこうとしているのか、安いホテルが出来ないそうです。

さらに。私と同行者まっきーは、見積もり当初、(っていうか、手配後も数日)めっちゃ高いと思ってました。
それは、見積もりの見方を誤り、
ツイン朝食なし17800円と記されていたのを一人17800円だと思っていたりしたからでー・・・。
でも、これ、実際は一部屋料金で、つまりは一人、8900円やったっていうー、阿呆な事態でした。

それでも、普通日本で考えても、国際的に考えても、素泊まり8900円は、ちょびっと高いよね・・・。ヨーロッパ圏で朝食付いてこれくらいだった気が。って、この高い安いの感覚ってホント人それぞれで申し訳ないですが、私の考えは結構最低レベルです(笑)

どんなホテルの部屋か写真お見せ出来れば良かったんですが、いつもいつも部屋に入るとすぐ、綺麗にベットメイクされたベットに、沈むように倒れこんでいたので、綺麗な状態の写真がございません。

しかも、私たちが泊まった部屋、ビジネスクラスどんっ
超不本意。
エコノミークラスと思われる「スタンダード」が満室でワンランク上げたの。。。。あせあせ
ワンランク上げても、ほかのホテルよりはリーズナブルなホテル。
だいたい日本から安宿を旅行社からお願いすると、ここを指定される勢いらしいです。
ちなみに、この5月GW明け時期エコノミーはツイン一室16400円、つまり一人は、8200円でした。
朝食は、ひとり一食10ユーロって言うてはったから、まぁ、今なら1600円は下りませんねぇ。

ただ、当初は、ここの予定ではなく。
でも、予定していたところが、私たちが行く時期からちょうどシャワーでお湯が使えなくなる、と聞き。
「日本で言う4月の気温でお湯出えへんって、どう言うこっちゃーー!ロシア人の体感温度どないなっとんねーん!」と、諦めたのでした。心持ち、そっちのほうが安かった。
「ツーリスト」朝食付きで一室16800円。

でも、結果的に私たちは、お土産市場に近いホテルで本当に良かったと思うけど、それはまた別のところで。って言うか、雑貨好きの人はモスクワのホテルは、「イズマイロボ・ヴェガ」にした方がいいです(笑)

部屋は広くもなく、狭くもなく。
アジアではないので、ベットの高さと、シャワーブースの高さがどうしても、私153センチの人間にとっては、足を余分に上げないといけなくて、何度かそれを忘れ、すねをぶつけてうずくまる事には、なりましたが。
めちゃめちゃ綺麗かった!!毎日完璧にお掃除&ベットメイキングしてくれるし!
古びたホテルが綺麗なのではなく、まだまだ新しい近代的なホテルな感じの綺麗さ!
セキュリティも万全です。
ただ、何も過不足なく、スタンダードにした時に、これから何がマイナスされるんだろう・・・・部屋の広さだけだったら良いけど・・・と思いはしたあせあせ

アメニティは
シャワーキャップ・ソーイングセット。以上。

ドライヤー・バスタオル・フェイスタオル・フットタオル有り。
タオル系はフットタオルまで2人分あったよ!

バスルームはトイレとユニットだけど、日本とは違って、せせこましくないです。

くつろぎスペースとして、
温泉に行ったら窓際にあるような小さなテーブルとすっぽり身体が収められる椅子2つ。グラスが4つ。(ひょっとしたら、このへんがスタンダードではなくなるんでしょうか??)

テレビ・冷蔵庫有り。
冷蔵庫は空です。変にジュースとか入ってない、小さな冷蔵庫。

イズマイロボ・ヴェガのフロントなど。
英語が通じます!
ただ私たちが喋れませーん!(笑)でも、ロシア語だけじゃなくて良かったです。。。
インターネットサービス10分で200円くらい?
カフェ。コーヒー230円くらい?
カフェの簡単食事もナイスな美味しさでした。
両替所。やっぱりレートは良くはないです。街中からすると1円くらい違う。。。
でも、チェックインに手数料として一室8ルーブル(40円くらい)を要求されました。
空港で替えれなかった場合は、チェックインよりも両替が先です。
荷物預かりは400円くらいやったかな。
最終日チェックアウト済ませてから買い物に出たので、お願いしました。

こんなもんかなー。
真剣に行きたい方は、全然気軽に質問ください☆
ホテル事情 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | - |

この記事に対するコメント

おぉ、貴重な情報が!
私もヴェガホテルで検索かけてます(笑)。

イズマイロボ・ヴェガに泊まろうかなと思ってるんですが、お部屋はビジネスクラス以上だとキレイそうですね!

あの〜是非お聞きしたいのですが…。
私は壁が薄くて隣の部屋の音が良く聞こえたり、外や廊下の音が良く聞こえたりすると気になって良く眠れない方なのですが、ヴェガのお部屋はどうでしたか?
建物自体はモスクワオリンピックに建てられたそうですが、ホテルに直接メールしても全然返事が来ないんですよね(笑)。ここら辺がロシアっぽいのでしょうか。

トリップアドバイザーっていうクチコミサイトで見ても、フロントやスタッフは笑顔を見せないし英語が殆ど話せないとかで、あんまり評判がよくなかったのですが、サービスはどうでしたか?

お食事なんかはどうでしょうか?

色々聞いちゃってごめんなさい、ホント、ブログ主さんが言っているように情報が少ないんです。

ヴェガはイズマイロボの中でも一番ホテル代が安いので、ここにしようかな〜でもサービス最低でお部屋もボロくて音がまる聞こえだったら眠れないしつらいしな〜と悩んでいます。

ぜひぜひ、泊まられた方に感想を教えて頂きたいです。

よろしくお願いします!
おれんじ | 2009/02/21 3:28 AM
うわわわ!ブログ放置しまくっててすいません!!
書きたい気持ちはあるんですが、日々の生活が追いついていません。。。(遠い目

おれんじさんの旅行に、私の今の書き込みが間に合って入ればいいのですが・・・・

もぅ一年近く前の記憶があやふやなんですが、壁が薄いとか、廊下の声が聞こえたり、と言う記憶はないですねぇ。ホントに綺麗でした。
英語はフロント通じると思いますよ。
クロークのおじいさんは、思いっきりロシア語でしたが。
若い女二人(たぶん、向こうから見たら子供。笑)で行ったので、おじさんおばさんたちは優しく、私たち、かーなーり、拙い英語なので、根気よくしゃべってくれたり、若いスタッフも、まぁ、ちょっと、めんどくさそうではありましたが、納得行くように対応してくれました。
出国前、ロシア人は無愛想だと思い込んで行ったので、思っていたよりいい人たちだった、と言う印象です。

ホテルで食事は、カフェ的なところでしかとっていないんですよぉ。そこで食べた簡易の食べ物は、普通においしかったです。

以前イギリスで、ドアノブ取れかかってるホテルに泊まったことがあるので、私の「大丈夫」のレベルが、おれんじさんの「大丈夫」と近いことを祈るばかりですが(笑
そうこ | 2009/03/13 1:32 AM
おぉ!お返事有難うございます。

私も何回か拝見してお返事がなかったのでずーっとご無沙汰してました(笑)。

そうですか!改装済みのビジネスクラスのお部屋だったら大丈夫そうですね。

実はあれから新型インフルエンザが流行ったりして不安になっちゃったので、まだ行ってないんです。いっそノボテルとか欧米のチェーンホテルの方が良いかしらと迷ったりしてたので、助かります。

またちょこちょこアドバイスを伺いにくるかもしれませんが、どうぞ宜しくお願いします(ぺこり)。
おれんじ | 2009/06/02 7:11 PM
おれんじさん>
インフルエンザも何のその、先週はベトナムへ行ってましたー。

はいー、私でよければ、またどうぞ〜〜。
そうこ | 2009/06/08 11:06 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
PR
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
ロシア関連おすすめ本

カナカナのかわいいロシアに出会う旅」井岡美保・著。
一番参考になりました。


ロシアのかわいいデザインたち」井岡美保・著。
友達をこれで洗脳した(笑)


るるぶロシア
これ一冊はまず熟読が必要。


ロシア語の本
JTB発行。持って行くと良い一冊。


今すぐ話せるロシア語(入門編)
CD付でロシア語に馴染める!
ランキングサイト
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
twitter
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE