ロシア雑貨にあこがれて。

マトリョーシカを追いかけて2008年5月にモスクワへ行ったそうこの記録。初めてのロシアHOWTOブログ。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | - |
<< ロシア旅行日記5月15日。その2. | main | 中国国際航空事情 >>

ロシア旅行日記5月16日。

この日の計画。
「ベルニサージュが駄目そうなら、観光をしよう。」
キャリバを持って、ベルニへ。→敵前敗退(笑)しかも、財布持ってないことにベルニの入り口直前で気づく私。観光へ行くにはキャリバはいらないのでホテルに戻ると素でテーブルの上に財布を放置しておりました。愉快なそうこさん(笑)

クレムリンや、有名な玉ネギ型のドームに入るには、入場料が取られます。
それを事前に知ったまっきーの反応
「えぇ!?(←嫌そう。もぅ、入らなくて良いんじゃないかと思ってそう)」
いやいやいや。さすがに、さすがに、マジで買い物に来ただけでは、日本に帰ってから体裁が悪かろう。と。「何しに行ってきてん」のツッコミにも堪えられるよう、一応、観光もしようよ、と。
説得して行ってきました(笑)
クレムリン入場300P(1300円くらい)
有名らしい、クレムリン内「武器庫」へは別途お金がかかります。
軍事マニアでもないので特に興味がない私たちは、そちらはパスしました。
この辺りは、ガイドブックを読みながら行くと、まぁ、興味が持てると思います。
日本で言うならば、倉敷の大原美術館のように、広い敷地の中にいくつも建物があって、それぞれに所蔵品が見れる、と言うところでしょうか。
ただ、商売っ気はあまりなく、導線とか、誘導とかあまりないです。
どこが入れる建物か、とかいまいち分かりにくいですが、チャレンジして覗いてみたら、「あ、ここは入れるのか。じゃあ、見よう」と思うのも楽しい。
どの建物も、いわゆるロシア正教の宗教的なもので。
どの建物の中も、壁一面がありとあらゆる場面を描いたフレスコ画。
フレスコ画が!あたり一面!(大興奮)
この辺、芸術マニアの血が騒ぎました。
クレムリン内部

たまたま入った建物で、たまたま賛美歌を歌うグループの催しがあり、すごく厳かな雰囲気の中、素敵な賛美歌が聞けたり。超満足。
写真は、「その2」で色々アップしますね。
モスクワ旅行日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
PR
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
ロシア関連おすすめ本

カナカナのかわいいロシアに出会う旅」井岡美保・著。
一番参考になりました。


ロシアのかわいいデザインたち」井岡美保・著。
友達をこれで洗脳した(笑)


るるぶロシア
これ一冊はまず熟読が必要。


ロシア語の本
JTB発行。持って行くと良い一冊。


今すぐ話せるロシア語(入門編)
CD付でロシア語に馴染める!
ランキングサイト
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
twitter
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE